青汁とは

2015年現在、最近特に注目されているアンチエイジングアイテムとしても、ダイエット健康食品としても、すっかり人気アイテムとなった青汁ですが、青汁について詳しく理解できていない方が大勢いらっしゃいます。
最近では青汁が人気になると様々な商品が販売されてしまって、市場も飽和状態になっている為、何となくのイメージでしか知らない青汁ですが、その為、青汁という物の定義があいまいになってしまっています。
元々、青汁という言葉は、「生の緑葉野菜をしぼった汁」と辞書に記載されています青汁のポイントとしましては「生」であることです。

生にこだわる理由としましては、野菜に含まれるビタミン、ミネラルなどの栄養素は加熱調理した状態よりも、生の状態の方が栄養価を損なわずに摂取できる特性があり、生の青汁はその特性を最大限に生かした商品になっています。
しかし最近では、粉末状になっていて、水に溶かすタイプの青汁が主流になっていますので、厳密には青汁と呼べない部分がありますが、携帯に便利なため、広く愛用されています。

健康的な生活を送るためには、一日に350グラム以上の野菜を摂取する事が望ましいとされていますが、正直、野菜の値上がりや、調理の手間、不規則な生活、外食が多くなってしまう方が多い為、なかなか350グラム以上の野菜を摂取できている方は少なくなっています。
その為、現代病の代表にもなっている生活習慣病も増加の一途をたどる事になっています。
この状態を打開する特効薬として抗酸化フラボノイド、クロロフィルなど野菜本来の成分が、私たちのからだの中に効率良く吸収される青汁が見直されています。
そこでこのサイトでは、青汁の事をあまり知らない方のために、青汁の効果や、青汁のデメリットについてまとめてみました。